合わない枕は腰痛の元!腰痛を軽減する効果的な方法を教えます。

合わない枕は腰痛の元!腰痛を軽減する効果的な方法を教えます。

なんとなく寝心地が悪かったり、どうも寝起きの腰の調子が悪い、そんな枕を使い続けていると腰痛の元になってしまうんです。

 

見たり聞いたりしていくうちに、実は自分の腰痛の原因が枕だったなんて話も結構あるんですよね。

 

合わない枕は腰痛の元!腰痛を軽減する効果的な方法を教えます。

・腰痛の原因が枕ってどういうこと?

人間の背骨はS字を描くように首から腰に通っていて、絶妙なバランスとバネのような働きを持っています。ここに高すぎる枕というオプションを置いた場合、長時間寝てしまうと首に負担がかかることになって背骨がゆがんでしまうんです。

 

それが腰に伝わることで、腰に対する負担が増えてしまい、枕の高さが腰痛の原因に繋がってしまうわけなんです。高すぎる枕で寝るよりも枕なしで寝ているほうが、首にかかる負担が減って、腰痛の痛みが軽くなります。

 

・目的に合った枕を選べば腰痛の痛みはやわらげられる

 

枕が原因の腰痛の場合は、腰に負担をかけない枕選びが重要となってきますので、人によっては枕の選び方は変わってきます。今回は枕によって腰骨のバランスが崩れている人に向けた枕選びとなっているので、ヘルニアやぎっくり腰とは違う物です。腰痛を緩和するための枕を選ぶ時は、首の角度が決まると背骨や骨盤に影響を与える、この部分を覚えておいてください。

 

枕によって引き起こされる腰痛の原因は、腰が反れるような態勢で寝ている事、背骨に横曲がりの力が加わる事がまず上がります。そして適度な寝返りが出来ないというのも、寝相が良いから大丈夫と思っている人は、特に注意が必要なんですよね。人によってはこのうちの1つにしかあてはまらない人もいれば、3つ全てにあてはまってしまう人もいるので、一度確認してみましょう。

 

自分の枕は高すぎたり低すぎたりしないかどうか、枕は大きいけど頭をおくと沈み込んでしまわないか、こうした部分はかなり大切です。高い枕が好きな人や沈みこむタイプのテンピュール枕、色々と好みはあると思うんですが、腰痛がひどい場合は変えてみるのも良いですよ。いっそのこと枕無しで寝たり、枕にタオルを巻くという選択肢をとっている人もいるんですが、それは別の形で負担がかかることになってしまいます。なので次は、負担が減って痛みがやわらぐような、最適な枕選びを紹介していきます。

 

・自分の枕と最適な枕を比べてみよう!

合わない枕は腰痛の元!腰痛を軽減する効果的な方法を教えます。

寝起きに腰が凄く痛くて腰痛に悩まされる、そんな方に向けた簡単な枕選びの目印があります。腰が反れる態勢で寝れて寝返りもうてる、それでいて背骨に横からの力が入らない、これらが腰痛改善のための枕選びです。腰が反れる枕は高すぎる枕の典型的なパターンで、高い枕を好んで使っているけど腰が痛い、腰痛が酷い場合は枕の高さを低くしてみてください。

 

猫背だと肩こりがひどかったり、腰が痛くなりやすいのと同じ理由で、背骨がS字になっていないからこそ痛みが出るわけです。反れるというのは高すぎても低すぎてもダメなので、中間くらいの高さの枕を店員さんに教えてもらうのも良いですよ。次は横曲がりの力が入らない枕ですが、これも枕が高すぎる場合によく起こる症状なので、高さを下げてみてください。枕が高すぎると、寝返りを打った時に背骨が横方向に曲がってしまうので、腰に凄く負担がかかることになるので、背中がこって腰痛になっちゃいます。

 

低すぎる枕を使っている人の場合は、横方向からくるコリという可能性はかなり低いので、別の可能性を考えてみてくださいね。最後は寝返りが出来ない、寝返り辛い枕ですが、ゆったりと沈んでいくテンピュールタイプの低反発枕なんかがこれにあたりますね。寝心地もさわり心地も良い枕ってとても多いんですけど、実は腰や首に結構負担をあたえてしまうので、使っている方は気をつけてください。

 

こうした低反発枕にタオルを巻いて対策する人もいるんですが、枕を変えたほうが原因の改善になるので、おすすめですよ。紹介した3つのポイントと、それに合った枕を選べば、寝起きや日々腰痛の痛みが増している人でも、グッと楽になります。筆者も腰に神経痛を持ってるだけでなく、昔は高い枕を好んで使っていたんですけど、高さを変えるだけで過ごしやすくなったくらいです。

 

ヘルニアやぎっくり腰とも違うタイプの腰痛だったんですが、寝る時の少しの配慮で翌日の痛みが結構変わるんですよ。百聞は一見にしかずとも言いますし、高さを変えてみたいと少しでも思った方は、紹介した方法を是非試してみてください。すぐに実感を得られる人と、時間がかかる人の2つのタイプがありますが、きっとアナタの腰の痛みを軽減してくれるはずですよ。

 

・腰痛を改善するためには枕選びが大切だった

 

枕が原因で腰痛の症状が出たり、痛みがどんどんひどくなってしまう理由を紹介してきました。高すぎず低すぎず、頭を包み込むような枕を選ばないようにすれば、今の腰の痛みは良くなっていきます。

 

更に選ぶ際のポイントとしては、少し硬めの枕で幅が広い物をチョイスするようにすると、もっとよくなる可能性もありますよ。幅の広さなんですけど、枕から頭が落ちてしまわない高さが良いので、おすすめは頭3個分以上の幅を持った枕です。結構大きいので幅もとっちゃいますけど、寝心地も良くなって痛みもよくなるので、腰痛に悩んでいる方や寝つきをよくしたい方は試してみてください。

 

硬めの枕は睡眠中の動きからくる負担を抑え、広めの枕は寝ている時に枕から頭が落ちないようにする為で、細かい部分も結構大事なんです。そして最後におすすめしたい高さですが、鼻と喉とへその高さが1直線になる事、これが一番の目安なので、枕選びの参考にしてくださいね。高反発なラテックス素材だったり、蕎麦殻の硬めの枕で横に広い物を使用している人は、結構ポイントを押さえられてますから、小さい場合は大き目の枕も考えてください。

 

少しだけずれてる場合はタオルを巻いて調整しても良いですし、全然足りない場合は高さの違う枕を買うのも良いですよ。もしも枕なしで寝ている方は、腰に負担が凄くかかるので、徐々に枕を使って寝るようにすれば、腰痛も良くなっていきます。枕の高さは使われてる素材でかなり差が出てくるので、硬めの枕で丁度良い高さの物を選んでいきたいですね。

page top